furutorifumiyasu’s diary

人間と世界を動かしている秘密と真相を勝手に書いていきます。 このブログには実在の政財界のフィクサー、実力者、著名な実業家、メスネコなどが登場します。

2019-03-22から1日間の記事一覧

分断の時代を生きる(16)どうやって失脚するか

2017-07-18 18:30:08 テーマ: トランプさん (アメリカ大統領) ブラックストーン会長シュワルツマン年収1000億円を超える世界一のマネースター、白人エスタブリッシュメントの代表選手。 連休を挟んでアメブロを放置していて失礼しました。 そのあいだにト…

どうやってフィクサーになったか

2017-07-11 16:11:40 テーマ: 剛腕のツッパリを見せろ! 左から、フミヤス、シティバンクE氏、石崎文吾先生 (去年、あるパーティ会場で) 先日、T先生、S先生とおれの3人で大阪に出向いた。 T先生はおれのブログではレギュラーなのでお馴染みかもしれ…

人類は進化する(3)サタンの断末魔

2017-07-07 22:15:23 テーマ: 今世紀、人類は進化する! おれは子供の頃(小学校の低学年くらいまで)よく龍の夢を見た。 聖書によれば龍(ドラゴン)はサタンの化身である。もちろん子供だったおれはそんなことは知らなかったが、ただ龍を恐れた。 夢では…

自民惨敗の黒幕は誰か?

2017-07-03 17:32:47 テーマ: 安倍晋三さん (内閣総理大臣) 昨日の東京都議選で自民党は歴史的な惨敗を喫した。 いま、安倍首相の責任を問う声が急激に高まっている。「安倍1強」と言われてきた政界勢力図も崩れるだろう。 なにしろ選挙戦中に噴出した諸…

豊田真由子議員~あんなのはいっぱいいる

2017-06-29 17:35:10 テーマ: 安倍晋三さん (内閣総理大臣) 豊田真由子議員(埼玉4区)の醜悪な顔と怒声と暴力が話題になっていたが、 小林麻央さんの強く清らかな生涯に、おれも貰い泣きしたが、日本中が泣いたところだったので、とくに豊田真由子さん…

おい!どうやって入るんだ?

2017-06-26 16:57:14 テーマ: 剛腕 T先生 (日本最強のフィクサー) 6月の花 アジサイ このあいだおれと国会議員をやってる友人Kの二人でT先生の夫人の手料理をご馳走になった。 友人Kは県会議員を何期かやってから国会に上がってきたのでいま衆議院議…

分断の時代を生きる(15)同じヤツが出てくる。

2017-06-19 14:38:22 テーマ: トランプさん (アメリカ大統領) (映画「大菩薩峠」の市川雷蔵さん) 今年の3月、人類を半世紀にわたって支配してきたデービッド・ロックフェラー氏が亡くなり、続いて先月には同氏の片腕ブレジンスキー氏も亡くなった。 こ…

救世主への道筋ができている

2017-06-13 00:02:04 テーマ: 銀座の夜は静かがいい (泉忠司さんと彼の秘書、スタッフ) 昨日、友人の泉忠司さんのパーティーに招待された。 泉さんが会員制スパを表参道にオープンするので、そのオープン記念パーティーだ。 彼のすごいところは何でも世界…

あたしもひと仕事するわ

2017-06-06 14:59:34 テーマ: メスネコちぃ リビングから書斎に移動するとちぃも一緒についてきた。 ふみ「さ~て、ひと仕事するか。」 ちぃ「あたしもひと仕事しなくっちゃ。」 おれが机のチェアに腰を下ろすと、ちぃもさっと机に飛び乗って居座った。 で…

分断の時代を生きる(14)宇宙は邪魔者を消す

2017-06-01 13:25:10 テーマ: トランプさん (アメリカ大統領) 前回見たように、この世界はわれわれ人間の心の表現である。 この世界で起きている弱肉強食の闘争と戦争はわれわれ人類の自己中心性や欲望が映し出されたもの。 そしてけっきょくわれわれ自身…

分断の時代を生きる(13)はるかな宇宙の力によって

017-05-27 00:19:33 テーマ: トランプさん (アメリカ大統領) (ゲバラとカストロ) 前回の「ゴルゴ13のような男たち」を読んでくれた方から、 「自分も軍需を民需に転換するべきだと思います。そういう時代が来ているのかどうか、情報があればブログで…

ゴルゴ13のような男たち

2017-05-18 17:23:19 テーマ: 剛腕のツッパリを見せろ! われわれの財団の理事長S先生は、防衛相OBで日米合同演習の日本側総司令官。しかも米国レイセオン社の上級顧問を10年にわたって務めている。 米国レイセオン社はトマホークミサイルなどを製造し…

女将の脅迫状

2017-05-13 09:16:07 テーマ: 銀座の夜は静かがいい 上村松園「序の舞」 1週間ぶりの掲載になってしまった。じつは今週は「分断の時代を生きる(13)史上最低の男」を掲載する予定だったのだが、書いてみるとどうもうまくない。ついでに安倍政権の閣僚も出…

国宝「破れ虚堂」に静寂を観る

2017-05-06 00:06:52 テーマ: 禅とアート…日本の和の魂 国宝 虚堂智愚墨蹟(きどうちぐぼくせき) 別称:破れ虚堂(やぶれきどう) 東京国立博物館の「茶の湯」展を鑑賞した。 これだけ名品が一堂に会するのはめったにないことだと思うので、茶の湯や歴史の…

それがどうした

2017-05-01 00:08:43 テーマ: 秘め事の美学から (長谷川平蔵の中村吉右衛門 と 妻久栄の多岐川裕美) 先週、T先生、某組織の大幹部、おれの3人で密談した。 T先生はこのブログにも何度か登場しているのでお馴染みかもしれないが、検察・警視庁のドンで…

ゲバラが愛した日本女性・・・分断の時代を生きる(12)

2017-04-25 00:04:00 テーマ: チェ・ゲバラさん 5年ほど前のこと、南米の革命の闘士チェ・ゲバラが愛した、ゲバラの愛人だった女性と会った。彼女は日本人なのだ。 そのときは世界ランキングの大企業の元会長○〇氏から紹介され、○○氏、彼女、おれの3人で…

春の装いはそよ風のように

2017-04-19 16:06:23 テーマ: 秘め事の美学から 銀座の並木通りをゆったり歩いていたら、 すぐ目の前を同じようにゆったり歩いていた女性がハンカチを落とした。 あっと思って女性に目を向けると、後姿がおしゃれな春の装いで、 春のそよ風のせいか上気して…

ちぃはサッカーが好き!

2017-04-14 00:03:21 テーマ: メスネコちぃ (ボールはどこへ逃げた?) 今朝、ちぃが書斎に来てかまってほしそうにしていた。 しかしおれは午後一番のミーティングで使う資料を整理していたので しばらくしてちぃもあきらめて書斎から出ていった。 それか…

分断の時代を生きる(11)米中首脳会談の裏側

2017-04-08 16:17:00 テーマ: トランプさん (アメリカ大統領) (夕食会で余裕でおどけるトランプ大統領) 昨日まで(6日、7日)のトランプ大統領と習近平主席の首脳会談は、盛り上がりが尻すぼみに終わって、マスコミの記者諸君は肩透かしを食らったよう…

春園の月がオカマをいざなう

2017-04-03 09:33:54 テーマ: 秘め事の美学から 横山大観「春園の月」 操作方法がわからなくて画像が横になってしまう(笑) 昨日はひさしぶりに池之端の横山大観記念館に行ってきた。 ここは大観の私邸だったので、庭の桜や松、徳川家達から寄贈された庭石…

人類は進化する(2)宇宙の経綸に聴く

2017-03-30 08:13:34 テーマ: 今世紀、人類は進化する! 人類の歴史は宇宙の経綸に従って刻まれていると感じる。 矛盾と苦悩に満ちた人類の歴史だが、じつはそれが宇宙の大きな愛の経綸であると得心できることがある。 21世紀に入るまで、われわれ人類は…

分断の時代を生きる(10)籠池理事長の黒幕?

2017-03-26 09:45:58 テーマ: トランプさん (アメリカ大統領) 森友学園の籠池理事長の勢いが止まらない。 しかし気にかかる点が2つあります。 一つは、結果的に国家の政権を敵に回している籠池さんなのに、あまりにも自信と余裕がありすぎるように見える…

鼓童・日本の魂よ甦れ

2017-03-22 07:37:55 テーマ: 禅とアート…日本の和の魂 一昨日、太鼓の鼓童の舞台を観てきた。 圧巻は提灯を張り巡らしたやぐら演台の大太鼓。 まず語り部を思わせる歌い手が登場し、舞台脇でゆったりと三坂の馬子唄を歌い語る。 その間に、しずかにゆっく…

覚悟を決めろ

2017-03-18 12:56:40 テーマ: 剛腕 T先生 (日本最強のフィクサー) (ヒロヤマガタさんの画はエネルギーと生命力に満ちている) 今週、事業家の先輩Iさんから画家のヒロヤマガタさんの相談に乗ってほしいという依頼があって、Iさん、ヒロヤマガタさん、…

ちょっと寄っていきなさいよ

2017-03-14 23:33:23 テーマ: メスネコちぃ (ひっかき用の板の上でゴロゴロするちぃ) メスネコちぃがリビングのドアの前で、絨毯の上で仰向けになって、ふあ~っ!と、気持ちよさそうに伸びをしていた。 ちぃはわが家の主なので、そっと横を通り過ぎよう…

分断の時代を生きる(9) 秘密を握る男

2017-03-11 11:50:17 テーマ: トランプさん (アメリカ大統領) (中南米の子どもたち) 歴史の秘密を握る男が、沈黙したままこの世を去ろうとしている。 今週3月8日のロイター通信によると、 「中米パナマの元独裁者で、米国CIAの協力者でもあったノリ…

余韻が語りかける 追想王妃の谷

2017-03-07 11:25:37 テーマ: 禅とアート…日本の和の魂 《追想王妃の谷》 一昨日の日曜日、白金台の松岡美術館で《追想王妃の谷》を鑑賞した。 作者の鎌倉秀雄さんはそれまでインドをモチーフに描いていて、だんだんこのままでいいのだろうかという疑問を感…

分断の時代を生きる(8) 安倍内閣もボロボロか?

2017-03-04 10:38:01 テーマ: トランプさん (アメリカ大統領) 昨日、大手テレビ局の若い記者F君がおれの事務所に来て、 F君「フミヤスさん、ぼくはもうたまらないっすよ!」 フミ「何をそんなに息巻いてるんだ?(笑)」 F君「ぼくが真剣にやってきた…

タイトルを加筆します!

2017-03-01 21:33:34 テーマ: チェ・ゲバラさん (チェ・ゲバラ) おれがアメブロを始めて満3ヵ月になった。 アメブロの仕組みもだいぶわかってきてすごく面白くなってきたが、 フミヤスさんって何をしている人ですか?という質問をよく受けるようになった…

吉右衛門のダンディズム

2017-02-25 22:52:20 テーマ: 星降る夜空のような包容力を 昨日、接骨院の待合室で月刊誌の「致知」が1年分並んでいて、先月号のヤツに桂歌丸さんと中村吉右衛門さんの対談が載っていた。 接骨院は、一昨年、キックボクシングのための筋トレで左肩を脱臼し…