フミヤス・サンタゲバラ クラブ

人間と世界を動かしている秘密と真相を勝手に書いていきます。 このブログには実在の政財界のフィクサー、実力者、著名な実業家、メスネコなどが登場します。

スピルバーグのインチキ映画と、第三の男

 

(映画ペンタゴンペーパーズで、 ワシントン・ポスト紙の社主キャサリンと幹部たち)

 

 

 

スピルバーグの映画「ペンタゴンペーパーズ/最高機密文書」を観たが、この映画は史実を捻じ曲げたインチキ映画ではないか。

 

 

 

この映画のストーリーは次のようなものだ。

 

 

・・・・・・・・・

 

 

1971年、アメリカ国防総省ベトナム戦争を綿密に調査分析していた。

 

ところがその機密文書の一部が流出し、新聞社のニューヨーク・タイムズがそれを入手して爆弾スクープしたのだ。

 

先を越された新聞社ワシントン・ポストは、オーナー会長のキャサリンメリル・ストリープ)と編集長ベン(トム・ハンクス)が中心となって奔走し、そしてついに残りの文書を独自に入手する。

 

ワシントン・ポストの記者たちは全貌を公表し真実を伝えたいという真摯な気持ちに駆り立てられていた。

 

しかし、ニクソン大統領はあらゆる手段を使って記事を差し止めようとするだろう。政府を敵に回してまで、本当に記事にするのか。

 

 

メリル・ストリープが演じるキャサリンは、ワシントン・ポストのオーナー会長だった父、そして二代目会長だった夫の急死を受けて会長に就任したばかり。

 

彼女は何事にも誠実だが、恥ずかしがり屋で、慣れない社長業に間抜けな対応をしたり、いつも苦労が絶えない。名女優メリル・ストリープは地で演技しているかのように、そのへんのドタバタを自然に演じている。

 

 

 

しかし報道の自由、信念を懸けた「決断」の時は近づいていた。

 

キャサリンは、自分だけでなく社内の人間、そしてその家族の運命をも揺るがしかねないような決断をする自信がなかった。

 

社内の保守派も強硬に記事の掲載に反対し、記者たちは葛藤する。

 

しかし、最後は、キャサリンが勇気をもって反対を押し切り、果敢に記事掲載を敢行する。

 

そしてその勇気ある決断がベトナム戦争終結に貢献し、さらにその後のウォーターゲート事件を究明し、極悪人ニクソン大統領を葬り去る端緒を開いていく・・・。

 

 

・・・・・・・・・

 

 

という、さすがスピルバーグだけあって、一見すると感動的なストーリーの映画である。

 

 

 

ところが!

 

 

このストーリーは、かつておれがアメリカの内部事情に通じていた某財界人(故人)から聞いていた話とまったく違う。

 

 

 

おれが知っている事実は、

 

まずワシントンポストのオーナー会長キャサリンは、メリル・ストリープが演じているような誠実で恥ずかしがり屋でオドオドしている女性ではない。

 

キャサリンは自信満々で、アメリカで最もパワフルな女性として知られていたのである。

 

そもそもキャサリンが生まれ育ったのは大富豪の家で、父親は新聞社ワシントン・ポストのオーナー会長であるだけでなく、世界銀行初代総裁にも就任していた。

 

キャサリンは、生まれながらに超豪邸に住んで、連日多くの著名人を招待し、パーティに明け暮れていた。いわゆる白人エスタブリッシュメントである。

 

当時、キャサリンは彼女の仲間が起こした投票詐欺事件を彼女の一存で揉み消してしまい、そのため正義を求めるニクソン政権と対立していた。

 

 

前回、ヤフー・グーグルを超えるパワーを持つ第三の男でも書いたが、世界の人類を情報操作し、洗脳している、すなわち支配しているのは米英情報ピラミッドである。

 

そしてその米英情報ピラミッドを支配しているマスコミとその資本系列は以下のとおりである。

 

NBCテレビ (ロックフェラー財閥系)

 

AP通信 (ロックフェラー財閥系)

 

ウォールストリートジャーナル (ロックフェラー財閥系)

 

USニュース&ワールドリポート (ロックフェラー財閥系)

 

ABCテレビ (ロスチャイルド財閥系)

 

CBSテレビ (ロスチャイルド財閥系)

 

ロイター通信 (ロスチャイルド財閥系)

 

ニューヨークタイムズ (ロスチャイルド財閥系)

 

ワシントンポスト (ロスチャイルド財閥系)

 

 

ということで、

 

米英情報ピラミッドを支配してきたのは、米英のマスコミ(新聞、テレビ)の白人エスタブリッシュメント(キャサリンたち)と、その親分のロックフェラーやロスチャイルドなどの国際ユダヤ財閥である。

 

だから、米英のマスコミの白人エスタブリッシュメント(キャサリンたち)の権力は強大だ。アメリカやイギリスや日本をはじめとする世界の国々の政権をも揺るがす。

 

 

 

当然ながらキャサリンも国際ユダヤ財閥ロックフェラー家が君臨するCFRのメンバーであった。

 

CFRは外交問題評議会と邦訳されるが、実体はロックフェラー家を頂点としてアメリカ政財界を支配する秘密結社のような強大な組織である。

 

しかもキャサリンは同じく国際ユダヤ財閥ロスチャイルド家とロックフェラー家が共同運営する世界の支配組織ビルダーバーグのメンバーでもあった。

 

さらにキャサリンは上記の一覧表の通りワシントン・ポストの株主にロスチャイルド財閥を迎えている。

 

いわばキャサリンは生まれたときから白人エスタブリッシュメントの中心にいて、国際ユダヤ財閥の二大巨頭ロスチャイルド財閥とロックフェラー財閥の両方をバックにつけた無敵の女性経営者であったのだ。

 

 

 

第一にそういう立場にいなければペンタゴンの機密文書などは絶対に手に入らない。映画の中でスピルバーグは、引退した政府のサラリーマンが正義感に燃えて機密文書を盗み出したというストーリーをでっちあげているが、現実は不可能である。

 

ちなみにワシントン・ポスト紙の前会長であった夫はいわゆる「入り婿」であるが、急死したというより、実際は自殺したのである。

 

 

 

一方、ニクソン大統領は南部の貧しい雑貨屋の息子であり、苦学して優秀な成績で弁護士となった。その後、政治家になってからもずっとポピュリスト(庶民大衆の味方)であった。

 

国富を横領し独占して贅沢三昧に暮らしている国際ユダヤ財閥・白人エスタブリッシュメントとは根底から対立していたのだ。

 

 

 

しかし、当時、アメリカ最大の財閥ロックフェラー家では、ロックフェラー3世の弟で最強の頭脳とパワーと権力欲を持ったデービッド・ロックフェラーが一族の中心になりつつあり、CFR理事長に就任し、政財界を支配しつつあった。

 

ニクソン大統領は同世代のこのデービッド・ロックフェラーと対立したのである。

 

 

 

いまはデービッド・ロックフェラーが自分の支配下にあるマスコミを総動員してニクソン大統領を攻撃し罠にはめたことは、知る人ぞ知る事実であるが、

 

その急先鋒を務めたのが、ワシントン・ポストのオーナー会長キャサリン・グラハムであった。

 

当時、アメリカ全国民がワシントン・ポストをはじめとするマスコミによって情報操作され、洗脳されて、ニクソン大統領は悪者だと思い込み、国を挙げてニクソン大統領を攻撃して辞任に追い込んだのは周知のとおりである。

 

日本でも田中角栄竹下登小沢一郎などは、米英情報ピラミッドに組み込まれている日本のマスコミによって同じ手口でやられている。

 

以降、歴代のアメリカ大統領は、トランプ大統領が登場するまで、デービッド・ロックフェラーが君臨するマスコミの情報ピラミッドによって支配されてきたのだった。

 

 

 

しかし日本のマスコミの情報操作を受けているみなさんのなかには、ニクソン大統領はウォーターゲート事件で議会に盗聴器を仕掛けて三権分立を犯したのではないか、と言う方がいると思う。

 

ご気分を悪くされるかもしれないが、実はその考え方そのものが米英情報ピラミッドの傘下にある日本のマスコミによって情報操作され、洗脳されている。

 

アメリカ大統領というのは30万人のスパイ組織CIAのトップであって、昔から世界中あらゆるところに盗聴器を仕掛けまくっているのだ。ニクソン大統領が逮捕されるなら歴代アメリカ大統領全員が逮捕されなければならない。

 

それに三権分立なんて教科書に書いてあるだけで、じっさいにはアメリカには三権分立など存在しない。デービッド・ロックフェラーが理事長であるCFRがアメリカ政府をはじめとする三権全部を一括で牛耳っていたのだ。

 

デービッド・ロックフェラーと対立したニクソン大統領でさえ、ニクソン政権の三権の中枢メンバーは115名がCFRのメンバーであった。すなわちデービッド・ロックフェラーの子飼いであった。

 

 

 

そして反抗するニクソン大統領が葬り去られてしまうと、以後のアメリカの歴代政権は三権ともCFRに、すなわちデービット・ロックフェラーにほぼ完全に牛耳られていく。

 

ニクソン大統領の後の各大統領の政権中枢におけるCFRのメンバーは一挙に倍増し、

 

カーター政権  284名

 

レーガン政権  257名

 

ブッシュ政権  382名

 

であった。

 

三権分立はおろか、三権ともCFR理事長デービッド・ロックフェラーの傘下に置かれていたのだ。

 

昨年誕生したトランプ政権の閣僚や高級官僚が空席のままでなかなか決まらなかったというのも、トランプ大統領がCFRのメンバーの多くを拒否したからである。

 

 

 

これも日本のマスコミの支配下では見えにくいが、トランプ大統領ニクソン大統領と同じポピュリスト(庶民大衆の味方)である。

 

昨年1月のトランプ大統領の大統領就任演説の要旨は以下のとおり。

 

1.あまりにも長い間、ワシントンを牛耳るグループ(国際ユダヤ財閥と白人エスタブリッシュメント)が政府の恩恵を独占する一方で、アメリカ国民は犠牲になってきました。そのワシントンを牛耳るグループは栄えてきましたが、国民はその富を共有していません。彼らの勝利は皆さんの勝利ではありませんでした。

 

2.今日という日は、国民が再び国の統治者になった日として記憶されるでしょう。

 

3.この瞬間から(ユダヤの大富豪や白人エスタブリッシュメントではなく)アメリカ国民が第一となります。今後は貿易、税、移民、外交問題に関するすべての決断は、アメリカの労働者とその家族のために下されます。

 

4.アメリカ国民が団結すれば、誰も、アメリカが前に進むことを止めることはできないでしょう。そこにおそれがあってはなりません。私たちは神によって守られています。

 

以上。

 

 

 

この演説は国際ユダヤ財閥・白人エスタブリッシュメントへの宣戦布告と同じだったのだ。

 

いままでワシントン(アメリカ政府)は、国際ユダヤ財閥・白人エスタブリッシュメントによって牛耳られてきたが、これをアメリカ国民の手に取り返す、と宣言したのだ。

 

 

 

以後、全米のマスコミ・米英情報ピラミッドがトランプ大統領を総攻撃してきたのはご存じのとおりである。

 

スピルバーグが映画「ペンタゴンぺーパーズ/最高機密文書」を、トランプ大統領が就任したタイミングで公開することにこだわったのも、スピルバーグ自身が米英情報ピラミッドに組み込まれているからだと考えるのが自然である。

 

 

 

しかし、前回ヤフー・グーグルを超えるパワーを持つ第三の男で述べたように、いまや、そうは問屋が卸さない。

 

アメリカのトランプ大統領は、ニクソン大統領のときと同様に米英情報ピラミッドを支配するマスコミから徹底的に誹謗中傷され、陥れられていたが、

 

しかもスピルバーグの映画などの働きも加わって、ニクソン大統領のウォーターゲート事件に倣ってロシアゲート事件と命名されて総攻撃を喰らっていたが、

 

しかしトランプ大統領アメリカ大統領として初めて「支配者であるマスコミ」を無視し、自分の考えをツィッターなどで直接アメリカ国民に訴え、国民大衆と繋がった。

 

この大統領としての史上初の試みは、いまのところ支配者である旧マスコミによる情報操作と、ツィッターなどを駆使するトランプ大統領による情報操作との駆け引きは一進一退である。

 

 

 

すなわち、インターネットのパワーは、資本と権力で抑え込もうとしても抑えきれない状況になりつつある。

 

つまりヤフー、グーグルは、旧マスコミに支配された世界(すなわち今までの情報ピラミッド)を突き崩すほどのパワーを持ちはじめたということだ。

 

 

 

そして同時並行して、

 

米英情報ピラミッドを支配する旧マスコミ(新聞・テレビ)と、トランプ大統領ツィッターなどのインターネット)の激闘の真っ最中、

 

昨年3月、半世紀にわたって全米の旧マスコミと政財界とを支配してきたデービッド・ロックフェラーが亡くなった。103歳であった。

 

そして同じ昨年5月には彼の右腕であったブレジンスキーも亡くなった。

 

 

 

トランプ大統領は危地を脱したかもしれない。

 

いや、トランプ大統領のみならず、いまやヤフーやグーグルのインターネットが旧マスコミによる英米情報ピラミッドを突き崩し、われわれが新しい時代を切り開けるのではないかと感じさせてくれる。

 

 

 

閑話休題

 

 

まさにこのころであった。

 

ヤフー・グーグルのパワーを超える第三の男がいた。

 

しかし、ある意味、ヤフー、グーグルとともに、彼が人類の歴史に終止符を打ってしまうかもしれないとさえ感じさせる男である。

 

この男とおれが会うためには、まず一人の女性がおれに接触しなければならなかったが、彼女が突然おれに接触してきたのは今からちょうど1年前、去年の秋であった。

 

 

その連絡はこのアメブロのメッセージに入った。

 

 

「フミヤス様、

 

はじめまして。

 

わたしは銀座でクラブのママをしておりました。

 

E子と申します。

 

フミヤス様のブログを最初から全部読ませていただきました。

 

そしてたいへん感銘を受けさせていただきました。

 

つきましては是非ご相談したいことがございます・・・・・・」

 

 

 

(続く。)