furutorifumiyasu’s diary

人間と世界を動かしている秘密と真相を勝手に書いていきます。 このブログには実在の政財界のフィクサー、実力者、著名な実業家、メスネコなどが登場します。

最高峰のホテル・アマン東京の加藤社長の挨拶より・・・本物の成功の秘訣

 

 

 

 

今日は軽井沢の手前、妙義山妙義神社に寄ってきた。

 

妙義神社のHPには、そもそも妙義と云う所以は、後醍醐天皇に仕へ奉りし権大納言長親卿、此の地に住み給いて・・・・・・云々、と余計なことが書かれてあるが、

 

妙義神社の創建は西暦537年とあるので、後醍醐天皇よりはるか昔に、古代大和政権が縄文人の毛の国(群馬県、栃木県、埼玉県)と交流していたころ、すでに毛の国の人々(縄文人)がこの地を聖地・霊場として崇敬していたことになる。

 

 

 

神社の境内は、後に大和政権の歴代天皇徳川幕府によって崇敬されて石垣などが整備され、神社というより戦闘能力のある城郭そのものである。

 

それは元々の地形を整備してそうなったはずだから、妙義山はもともと縄文人の聖地・霊場であるとともに縄文人の城郭であったと思われる。

 

 

 

妙義神社の本丸の石垣、この階下にさらに二重三重に石垣が張り巡らされている)

 

 

 

そしてその通り、この妙義山全体が、弥生人・大和人のものではない、縄文人の霊峰のパワーをひしひしと感じさせてくれ、こころを洗わせてくれた。

 

妙義山麓の蕎麦屋で食べた蕎麦も驚くほど美味かった。素材にパワーがあって蕎麦が生きている感じだ。

 

 

 

ところで、霊峰妙義山によって縄文人のパワースポットを感じ、こころが洗われたので、今日はこのことにちなんで、このブログを読んでくださっているみなさんに能力開発の極意を開示しましょう。

 

世の中にはたくさんの能力開発法や成功法則がある。それこそ古典のナポレオンヒル中村天風安岡正篤、ジョゼフマーフィー、デールカーネギーから、「7つの習慣」のスティーブンコヴィー、実際に事業を成功させてきた松下幸之助井深大、現役の稲盛和夫さんや斎藤一人さんなど成功法則の提唱者は数え上げればきりがない。

 

それぞれに多くの人材を教育したり、歴代総理を指南してきたり、世界を支える大企業を育てたり、金持ちになったなど実績もある。

 

 

 

しかし能力開発や成功法則を実践しようとするアタマの考えと自分の潜在意識の性向との間にズレがあると、潜在意識のパワーのほうが強いから、なかなか成功法則をうまく実行できない。そういう経験はないだろうか?

 

成功法則に従ってアタマで考えぬいて、「よし!今後はこうしよう!」と強く決意しても、無意識に、違う性向を持つ潜在意識に引きずられて自分の決意と反対の行動へと動かされていたりする。

 

 

 

しかも潜在意識というのは、長年の思考や行動の積み重ねによって強固に形成されている。また潜在意識には生まれてすぐから両親から無意識に吸収し続けて身についた先祖伝来の強力な習性(ときには悪習)もある。

 

だから潜在意識はなかなか変わらない。アタマでいくら考えても変えられないと言っていい。

 

どうしたらいいのだろうか?

 

 

 

その答えはすでに多くの聖人が提示している。すなわちアタマで考えるのではなく、別の方法で潜在意識を変えるのである。

 

どうするかというと、アタマを使わず、お経や真言成功哲学の言葉を何回も唱えて潜在意識に沈めていって、アタマではなく身体で覚える、身体で身に着けていくのだ。

 

これは潜在意識を変えるためには有効である。

 

(禅によって自らの潜在意識の思考回路を破壊して、直接に生命(身体)を表出させる方法も有効だが、これは後日機会があれば言及したい。)

 

 

 

しかしここで問題が起こる。

 

アタマを使わず、お経や真言成功哲学の言葉を何回も唱えて身体のほうから潜在意識を変える方法は有効なのだが、

 

実際には潜在意識を構成する要素はそう単純ではないのだ。

 

潜在意識には、自分のマイナス思考の繰り返しによって形成された要素や、両親のマイナス思考を子どものころから引き継いで形成された要素など、変えたほうがよいものも多いが、

 

しかしじつは同じ潜在意識の中には、それぞれ各人の生命から発して形成された天分ともいうべき素晴らしいプラスの要素もあるのだ。

 

 

 

潜在意識の中のマイナス要素を解消しようとして潜在意識に沈めて行った言葉(哲学)が、その素晴らしいプラスの要素までも解消してしまったら元も子もない。

 

実際には自分の潜在意識の天分ともいうべきプラスの要素はなかなか強いから、それと対立する成功哲学の言葉がどんどん潜在意識に沈んでくると、潜在意識内で対立が生じて自己矛盾・自己破壊へと進んだりする。

 

 

 

そう!

 

潜在意識に沈めるべきお経、真言成功哲学などの言葉は、自分の潜在意識の天分に合わせて厳選しなければならない。

 

いったいどんな言葉を選べばよいのか?

 

 

 

そこでヒントです。

 

なぜおれが友人たちと共に文化団体や財団を設立して、日本人の愛と和の精神の回復・深化を提唱していると思いますか?

 

 

 

その答えは、

 

われわれ日本人の生命から発してわれわれ日本人の潜在意識に形成されている天分は、縄文日本人から続く愛と和の精神を基盤としているということにある。

 

同じ成功哲学でも、書店やネットに氾濫している欧米ユダヤ系の成功哲学は 「勝つ」 「儲ける」 「金持ちになる」 「成功者になる」 「セレブになる」 などを直接の目的としたものが多い。愛や調和を提唱していたとしても、それは勝つため儲けるための手段や戦略にすぎない。

 

彼らの営業妨害をするつもりはないが、しかしこれら欧米ユダヤ系の成功哲学は日本人の潜在意識の天分と葛藤を起こす。正反対なのだ。

 

中には日本人の天分、美徳をかなぐり捨ててユダヤ人ばりに 「勝つこと」 「儲けること」 に邁進する人もいるが、結局は最終的には自己矛盾を起こして破綻する人がほとんどだ。

 

 

 

黒澤明の古典映画「隠し砦の三悪人」では、欲に突っ張った農民が何としても金塊を手に入れようと命がけで悪戦苦闘し、一時は大金塊を手中に収めたかに見えたが、結局は駄賃の金貨1枚しか貰えない。

 

ご存じのとおり同じようなストーリーの作品はじつに多いが、これらが笑えるのは、それが人間の潜在意識の真理だからではないだろうか。

 

とくに日本人は、ユダヤ流の欲や勝ち負けではなく、縄文時代から培われた愛と和の精神からこそ真の成功へと導かれる。

 

われわれ日本人は愛と和の成功哲学を言葉として選択すると潜在意識と和合して物事が実現しやすいのである。

 

 

 

あえて、誤解されることを恐れず、超単純に言ってしまえば、

 

仏典はあまりにも増えすぎたが、なかでも釈迦本人が述べている言葉は愛と和の精神である。旧約聖書ユダヤ教なので神への信仰を強調するあまり愛と和とは対立する要素も多い。新約聖書はキリストイエスの言葉なので愛と和の要素が多い。

 

デールカーネギー、スティーブンコヴィーなどは、戦略的な要素もあるが、愛と和に立脚する要素も多い・・・・・・等々である。

 

 

 

ちょうど今日、おれの尊敬する友人(先輩)の加藤正迪さん(アマン東京社長)の挨拶文が、文化団体「日本の文化伝統そして日本人のこころ」に掲載された。

 

アマン東京と言えば、海外のビップや著名人が常時滞在し、「夢のような時間を」とか「最高のおもてなしを」というフレーズで知られる最高峰のホテルだが、社長の加藤正迪さんはそういうフレーズにふさわしい、謙虚で温かい人物だ。

 

 

 

ちょっと横道に逸れるが、一昨日の金曜日も(財)日本総合戦略研究所の定例会があって、加藤社長と坂上芳洋理事長とおれの仲良しトリオがそろったが、考えてみるとこのトリオは何とも異色な組み合わせだ。

 

おれは、まあ、ろくなもんじゃないからおいておいて、この二人について言えば、

 

加藤社長は上記のように世界のビップが集まる、「夢のような時間」をおもてなしする最高峰のホテル、アマン東京の社長。人物も温厚で立派、東京とハワイに住居を構える、世界のセレブの代表のような人である。

 

一方、坂上理事長は防衛省のドンで日米合同演習のときの日本側の総司令官。世界のミサイル防衛をリードし、泣く子も黙る「べらんめえ提督閣下」である。イージスアショア導入問題など、疑問があれば相手が内閣と言えども怯まない。

 

なんともこの二人は 「戦争と平和」 みたいな組み合わせなのだ(笑)

 

 

 

今週もまた講談社の「現代ビジネス」にイージスアショア導入問題について坂上理事長の特集が組まれる。

 

安倍政権と防衛省は何とかこの問題に蓋をしようと躍起だが、坂上理事長が火をつけて回っているので、そうは問屋が卸さない。

 

しかも防衛省の幹部たちはかつて圧倒的な迫力の坂上理事長の部下だったので、誰も坂上理事長に鈴をつけられない。そうこうしているうちにマスコミが動き出してしまったわけだ(笑)

 

 

 

さて、閑話休題

 

 

われわれ日本人が日本人の潜在意識と和合して成功するために、

 

最後に、文化団体 「日本の文化伝統そして日本人のこころ」 に今日掲載されたアマン東京の加藤社長の挨拶文をご紹介します。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

日本には縄文時代から続く素晴らしい文化があります。

 

その文化は、かつて画家の岡本太郎さんが指摘されたように、日本人特有の繊細さと独創性に満ちています。

 

太古、縄文時代から続く日本人の愛と和の精神がその由縁でありましょう。

 

わたしたちがお客様への「おもてなし」にこころを砕くとき、そのような愛と和の精神に裏打ちされた心づかいが大きく寄与します。

 

それは、優美さ、凛とした潔さ、静けさ、微笑み、細やかな心配りとなって、お客様へのおもてなしをより深めていくのです。

 

世界でもっとも優美に細やかにお客様をおもてなしすることができるのは、このような文化に恵まれた日本人のこころではないかと思います。

 

わたしたちの文化団体「日本の文化伝統そして日本人のこころ」が、この日本人の愛と和の精神を、そしておもてなしのこころをより深く探求し、

 

これをもってわたしたちをより深い感動と歓びと成功にいざない、多くの人々の幸福に寄与していくことを願うものです。

 

 

日本の文化伝統そして日本人のこころ理事相談役 

加藤正廸 (アマン東京代表取締役社長)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

以上。

 

フミヤス・サンタゲバラ Ameba blog

https://ameblo.jp/furutorifumiyasu/